はじめに

離職率が多い介護職。当然転職される方も多いですが、実際に転職して良かったと思う方は決して多いとは言えないようです。

その例としては、実際に転職して働き出してみたら、以前の施設よりも残業が多く、給料が増えていても結局働く時間が延びただけ。とか、実際に入るまでは予想してなかったけど、働き出してみたら人間関係の悪さが目立っている。など、求人だけでは実情が見えにくいだけに、こういった失敗例は無くなる事がありません。

人手不足で求人が多い介護職という事で、求人を出す側としても他の求人よりも良く見せようとするのは分かる事なのですが、自分が転職するとなると、やっぱりより理想的な職場へと入りたいですし、失敗は避けたいと思ってしまいます。

ですのでの、ここではそういったよくある失敗例をいくつか挙げながら、対策するにはどうすればいいのか?まとめて行きたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ