介護職では一つの職場で長く続けるのは難しい

介護職で後悔しない転職ですが、考えておきたいポイントがいくつかあります。

この仕事はとても離職率が高く平均的な勤続年数は10年以下となっており、一つの職場で長く続けるのは難しいと言えます。

その理由としてあるのが給与水準の問題、夜勤を含めた長時間の労働、休みが取れない勤務体系、身体や精神への負担が大きい勤務内容等にあります。

ですから転職する時はこれらのものができるだけ自分に馴染めるかどうかを見極める必要があります。

その中でも一番見極めやすいのが給与の問題です。一般的にホームヘルパーやケアマネージャーは看護師よりも給与水準低く、その割に勤務内容はそれほど変わりありませんので大変だと感じてしまいます。

給料が安いと後悔してしまいますので、できるだけ良い条件のところを選び、尚且つ給料ではなくやりがいを誇りに持つぐらいの気持ちが大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ