介護職は転職しても失敗するケースが多い?

転職しても失敗に終わるケースも多い為、もし改善できるようなら今の職場で頑張っていく方が良いというのも一つの正解です。

というのも、求人を見て入職する場合、なかなか職場環境が見えない為です。例えば人間関係に問題があり転職したとします。

ですが、次は残業の多さに悩むといった事も少なくないからです。せっかく転職する事で今ある問題が解決できたにもかかわらず、また別の問題を抱える事になると本末転倒です。

ただ、細かな問題は必ず出てくるので、予め「ここは妥協できない、できる」といったリストを作っておくべきです。

残業は長すぎない方がいい、休みは多いほうがいい、職場環境がいい。などですね。

書き出したリストにあった職場の探し方

実際に妥協できない点、できる点を書き出したら次が肝心です。それはどうやってリストに沿った職場を探すかです。

そこで、いくつかのポイントをお伝えしておきたいのですが、まず面接の際に職場環境について観察しておくという事です。だいたい残業が多そうとか、人間関係があまりよくなさそうといった事は結構観察してみると伝わってくるものです。

また、残業が多いか?といった事は、内定が決まってから聞くのがいいでしょう。というのも面接の際に具体的な事を聞きすぎると印象が悪くなってしまう為です。

あと、介護職求人専門のエージェントに相談しながら求人を探すと、失敗しにくいです。と言うのも、エージェントの方だと職場で働く人の声を知っておられるので、事前に職場環境など細かな相談もできるからです。

もちろん休みが多目であるとか、残業が少なめであるとかの要望も伝えれるので、より失敗しにくい探し方ができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ