短期で辞めるのは、やっぱり経歴に傷が付く

介護職では短期で辞める人がとても多い業界だと思います。原因としては「下の世話」「嫌いな上司がいる」「サービス残業が多い」というような原因が目立ちます。

もちろん下の世話が原因の場合は、介護職以外へ転職となるのですが、「嫌いな上司がいる」といった原因だと、次も同じように悩む可能性が高いので、その原因で直ぐに辞めるのは後悔に繋がります。

介護業界の場合、人手不足なので、どこの職場でも忙しく、結果的に人間関係は悩む可能性が高い傾向にあります。

ですので、人間関係で悩んで直ぐに辞めてしまうというのは、また次の職場でも繰り返してしまう可能性があります。ですので、身体的に影響が出る程でない限り、様子を見るべきです。そして最低でも1年程は頑張って続けられるのがベストですし、転職する際に悪い印象を与えて損せずにすみます。

短期で辞める人は当然、管理者から敬遠されます。せっかく教えても2、3ヶ月程で辞められると色々と無駄が生じるからです。新しく求人募集もかける必要がありますし、また新しい人を一から教える必要があるので、教える側の職員がこなす仕事も少なくなってしまいます。そういったことで、短期で辞めている人は敬遠されるわけです。

次に、「サービス残業が多い」といった理由で辞める場合は、職場を変えることで解決される可能性は高いので、積極的に転職を考えてもOKでしょう。

ただし、この場合も2、3ヶ月とかでやめるのは極力避けたいところです。1回くらいなら経歴に、短期で退職した事を書くことになっても、「サービス残業が多い」といった理由なら理解されやすいので、まだ良いですが、できれば半年でも続けてから辞めたいところです。

とりあえず覚えておくべき事は、雇う側は「短期で辞めそうな人は敬遠する」という事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ